中身を知るにはまず見た目から

よく人は中身だ!なんて言葉を聞きますが、果たしてそれはどうでしょうか?実際に社会に出てみるとなんだかんだで見た目ってすごく重要なんですよね。見た目があんまりだとどうしても足下を見られてしまって損な気がするんです。中には見た目が普通だけど中身がハンパないという人もいるにはいますが、そういう人って結局見た目も良くすればもっとすごいというか…ある意味カリスマになれると思うんです。つまり、やっぱり見た目も大事なのかなと思うんです。

女性が見た目を気にするのは当然のことだとは思いますが、男性も見た目には気を付けるべきだと思うんですよね。どっちにしろダサいよりはお洒落な方が良い訳であって、ダサい方が良いということは無いと思うんですよね。例えば、あなたが女性にしろ男性にしろ、中身を知ろうと思う人ってまず見た目に惹かれませんか?つまり、見た目が良ければ中身を知ってもらえる機会が増える訳で、結局はそういうことだと思うんです。

出来てる人間なら見た目を気にせず中身を見ようとしてくれますが、社会に出てみるとそういう人ってなかなか出会わないものです。チャンスをものにする為にもやっぱり見たはかなり重要であって、最初はやっぱりそこで判断されてしまうと思うんですよね。

極端な話ですが、ボロボロの服装でビジネスの交渉に臨んだってうまくいく確率って下がると思うんです。仕事が出来ないと判断され兼ねませんからね。

ですので、外見よりも中身!という言葉は間違ってはいないのですが、世の中を賢く生きていく為には中身を知ってもらう為の外見!だと私は思う訳です。

皆さんはどう思います?
自分の心の奥底で思っていることなんて誰も拾ってくれません。
結局は自分でアピールしていくしか方法はないんです。
外見というのはその最初の段階だと思うんですけどね。